前回までの『借金キング・デッド』は・・・

生き残るための借金 シーズン1, 第2話

この店、閉店するんやで

それはあまりにも突然の事でした。店長なに言ってんだ?どうせいつもの冗談で関西の人特有のボケだろうと思いましたが、、、どうやら本当に閉店するみたいです。

約2年のあいだの楽しい思い出が走馬灯のように僕の頭の中を駆けめぐりました。ただ他にも姉妹店があったのでそちらへ移る事もすすめられましたが、この閉店と同時に店長も退社するらしく、その理由が「もう少し広い視野で物事考えられるようになりたいんや!」

ん?どういう事??と尋ねたところ、ニュージーランドへ1年間ワーキングホリデーで留学するとの事でした。僕はこの店長に色々教えてもらい、遊んでもらい、これまでやってこれていたのに、この人がいなければやっぱり面白くないなと思い心機一転、他のバイトを探す事にしました。

最終日もいつも通り始まって、いつも通り終わり、店長とも最後にランチをして、あんな事あったな、こんな事あったなと話ははずむものの、なんだか心ここにあらずな感じでした、最後は「まあ、お前もがんばれや」と励まされ、約2年間働いたお弁当屋を後にするのでありました。。。さようなら、店長、さようならバイトのみんな。

販売で採用されたはずが

しばらくして次のバイトもみつかりました。そのバイト先はビルの地下に何店舗かがあつまったディスカウントストアー。簡単に言うとドン・キホーテみたいな感じで、CD・本・服・雑貨・化粧品からシルバーアクセサリーまで色々なものがそろっていて、当初はそこの販売で入ったのですが、なぜかプロモーション部と言うところに配属されました。プロモーション部と言うとかっこいいですが、ようするに街頭でそのディスカウントストアーのチラシを配るだけでのただのビラまきスタッフ。。。あれ、なんか面接の時と話が違うな??とも思ったのですがしばらく様子をみる感じで続けるのでありました。

人生初のギャンブル、パチンコ

ディスカウントストアーで出会った1つ上の、自称元ヤンキーの男の人とバイクの話で意気投合し仲良くなりました。彼もプロモーション部で一緒だったので仲良くなるのも早かったです。(もともと販売部だったのに)
ふいに、パチンコの話に「やらないの?」って言われ、もちろんギャンブルなんかやったこと無かったので、「生れてから一回もない!」と言いました。「じゃあ、このあと行こう」と言われ興味が無かったので渋々ついて行きました。はぁ~
ビギナーズラックで最初は勝てる!とか言いますが、、、負け。やっぱりギャンブルなんて面白くねーじゃん!と、この時は心底思いましたが、、、、、

次回の『借金キング・デッド』は・・・

借金は弱肉強食 シーズン1, 第4話

自分が言うのもなんですが債務整理は金銭的にも、精神的にも、、早い方がいいですよ! 僕自身、弁護士さんに相談しただけでだいぶ気が楽になりました。
直接の相談は恥ずかしい方は
匿名OKな借金減額相談サイトがありますのでぜひ活用して下さい。

20万→50万円に!?アフィリエイト高額報酬クローズドASP 無料会員募集